空間デザイナーとインテリアデザイナーの違いとは

空間デザイナーとインテリアデザイナーの違いとは

デザイン系の学生にとって何かと耳にする機会が多い空間デザイナーとインテリアデザイナーですが、この二つの職業の違いを正しく理解している方は決して多くないです。そこで今回は、一体何が違うのか、この点に関して記載していきます。

空間デザイナーは空間をデザインする

空間デザイナーとは基本的に空間のデザインを中心とするデザイナーです。扱う範囲は非常に広く、ショップや美術館などといった場所から店頭のディスプレイまで様々な空間のデザインを任せられます。またそれ以外にも野外イベント時のイベントスペースのデザインなど様々な仕事が任されます。空間をデザインする仕事なだけに、独創性や発想力が求められます。また場合によっては装飾品や家具などと言った道具を自分で作る必要が出てくる場合もあるため、設計に関連する知識が必要となる場合もあります。仕事量は多いですが、やりがいのある仕事です。

インテリアデザイナーは室内のデザインを考える

一方、インテリアデザイナーは家具や照明などを使って室内のデザインを手掛ける職業です。多くの場合、マンションやモデルルームなどのデザインを手掛ける場合が多い職業です。インテリアデザイナーの場合、空間デザイナーと異なり既にある既存の商品を使って室内のデザインを手掛ける場合がほとんどです。そのため、個性を中々出すことが出来ない職業ではありますが、その分既存の商品を使ってどこまで室内を美しく見せることが出来るのか、といった点で個性を出すことが出来るため、空間デザイナーとは違った魅力のある職業となっています。

それぞれのデザイナーの資格にも違いがある

インテリアデザイナー、空間デザイナーどちらにも必ず必要な資格はありません。ただ持っていると良いとされる資格はあります。インテリアデザイナーの場合であればインテリアデザイナー認定試験、空間デザイナーの場合は空間ディスプレイデザイナー認定試験といったように資格の面でも大きな違いがあります。ただ、インテリアデザインと空間デザインどちらも兼ねる場面が少なからず存在するため、はっきりとした境界線がないのが現状です。そのため、デザイン系の学生はインテリアデザインも空間デザインもしっかりと押さえておくことが重要となります。

まとめ

どちらの職業にせよ、デザインをすることには変わりありません。ご自身の発想力や独創性が問われるデザイナーとして活躍をしていきたいと考えている方は、基本をしっかりと押さえて、理想のデザインを実現しましょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

空間デザインのセンスやスキルは資格講座で身につける
空間デザイナーで有名になることを目指すには
空間デザイナーの求人はどのように探すのか
空間デザイナーの仕事の年収はどの程度か
空間デザイナーの給料はどの程度か
空間デザイナーはスキルアップのために転職が必要
空間デザイナーとしての勉強を独学で行う
空間デザイナーはやりがいがある
空間デザイナーにはセンスが必要です
空間デザイナーは内装を綺麗にする専門家です
空間デザイナーに向いてる人ってどんな人だろう
空間デザイナー講座の受講を考える方へ
空間デザイナーに必要な能力とは
空間デザインはコンセプトが重要になるとは
内装資格を取得する際の難易度はどの程度か
空間デザイナー講座のテキスト内容について
空間デザイナーの取得費用について
カッコいい憧れの職業として空間デザイナーという仕事が今はけっこう輝いている
空間デザイナーは未経験でも就業できます
空間デザイナーは将来性のある仕事です
空間デザイナーに女性が活躍する
空間デザイナーとしてキャリアアップを検討する
空間デザインは歴史のある造形法です
空間デザイナーはかっこいい空間をデザインします
フリーランスの空間デザイナーとして働く
空間デザイナーの仕事はどういうものか
空間デザイナーは大手にも就業可能です