空間デザイナーの給料はどの程度か

空間デザイナーの給料はどの程度か

空間デザイナーを目指す方が増えています。大型商業施設から飲食店に至るまで、様々な施設の空間をデザインしていく仕事として、学生を中心に多くの方が就業を考えています。建築から内装の施工に関してまで、広範な技術が必要にはなってきますが、需要も多く、将来性も見込める業界でもあります。

空間デザイナーの給料はどの程度なのか

空間デザイナーの仕事に魅力を感じ、就業を検討していても、実際にどの程度の給料を得られるかが分からなくては就業を検討することも出来ないでしょう。自分のセンスで商業施設や飲食店のブースをアレンジしていく空間デザイナーは、クリエイティブな仕事でもありますが、就業先は建築関係やデザイン事務所も多く、平均的な給料はサラリーマンと同等いなってきます。ただ、実績を積み、信頼を得ていくことで需要も増えていき、少資本での独立も可能にはなっていきます。独立開業していけば、実力主義ですから高収入を得ていくことは十分に可能です。

どのような学習が必要になってくるか

空間デザイナーの学習を行なっていくには、建築やインテリア関係の施工の知識に加え、照明のコンサルティングや色彩に関する知識等、様々な分野の学習が必要になっていきます。建築関係やデザイン系の学習を行なっていくことが必要ではありますが、初学者の方でも、各種教育機関から提供されている講座の活用をしていくことで、無理なく学習を実践していくこともできます。広範な学習が必要ですが、その分、需要も高く、将来性も見込める業界でもあります。自分のセンスで空間をプロデュースしていける点が、多くの方に魅力を感じさせる理由です。

実績を積み独立すれば高収入も可能です

空間デザイナーの仕事は、実績を積み、信頼を得ていくことで、手軽な独立も出来る職種でもあります。少資本での独立が可能ですから、誰でも手軽に独立をして高収入を得ていくことができます。商業施設や飲食店の室内空間をデザインしていく仕事として、潜在的な需要は高く、今後も確実に仕事の幅は広がりを見せていく傾向にあります。自分のセンスで空間をアレンジできる魅力的な仕事でもありますが、オープン前のイベントブースのデザインを手がけた場合等は、徹夜で立ち会いをする等、厳しい面もあるのも事実です。学習を始める方は、自分にあった教育講座を活用していき、短時間での学習を目指していくのが良いでしょう。

まとめ

空間デザイナーの仕事は、商業施設や飲食店の空間デザインを行うクリエイティブな仕事ではありますが、勤務自体は建築関係やデザイン事務所等も多く、収入自体は平均的なサラリーマンと同等になっていきます。ただ、実績を積むことで、少資本での独立も可能になり、有名になることで高収入も十分に可能です。自分のセンスで勝負できる将来性の高い仕事です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

空間デザインのセンスやスキルは資格講座で身につける
空間デザイナーで有名になることを目指すには
空間デザイナーの求人はどのように探すのか
空間デザイナーの仕事の年収はどの程度か
空間デザイナーはスキルアップのために転職が必要
空間デザイナーとしての勉強を独学で行う
空間デザイナーとインテリアデザイナーの違いとは
空間デザイナーはやりがいがある
空間デザイナーにはセンスが必要です
空間デザイナーは内装を綺麗にする専門家です
空間デザイナーに向いてる人ってどんな人だろう
空間デザイナー講座の受講を考える方へ
空間デザイナーに必要な能力とは
空間デザインはコンセプトが重要になるとは
内装資格を取得する際の難易度はどの程度か
空間デザイナー講座のテキスト内容について
空間デザイナーの取得費用について
カッコいい憧れの職業として空間デザイナーという仕事が今はけっこう輝いている
空間デザイナーは未経験でも就業できます
空間デザイナーは将来性のある仕事です
空間デザイナーに女性が活躍する
空間デザイナーとしてキャリアアップを検討する
空間デザインは歴史のある造形法です
空間デザイナーはかっこいい空間をデザインします
フリーランスの空間デザイナーとして働く
空間デザイナーの仕事はどういうものか
空間デザイナーは大手にも就業可能です