フリーランスの空間デザイナーとして働く

フリーランスの空間デザイナーとして働く

どこの企業にも所属せず、フリーランスの空間デザイナーとして働く魅力は数多くあります。そこで今回は、どこの企業に所属せずフリーランスとして働いていく魅力とは何なのかなどといった点に関して記載していきます。

企業に所属しているままでは待遇があまり良くない

空間デザイナーと聞くと、何となく良い給料で働ける気がしますが、実際の給料は一般的なサラリーマンなどと差はありません。特に小さな事務所等に所属している空間デザイナーの場合はボーナスや昇給等もあまり見込めないことから理想の待遇と大きくかけ離れている可能性が高いです。ではどうすれば更なる待遇を獲得することが出来るのでしょうか。それは企業に所属する空間デザイナーとして働くのではなく、フリーランスとしてご自身のペースで仕事を進めていく方法です。フリーランスの場合、利益が全て自分のものになるため成功すれば多くの給料を手にすることが出来ます。

フリーランスになるために必要なスキルとは

では、どうすうればフリーランスの空間デザイナーとして活躍することが出来るのでしょうか。まず重要なことはキャリアです。大学等を卒業し、いきなりフリーランスとして活動を開始したとしても、中々仕事はきません。というのも、実績やキャリアがないからです。そのため、まずは一旦どこかのデザイン事務所等に就職し、空間デザイナーに必要なスキルや実績更には社会人として押さえておかなければならないマナー等をしっかり学びましょう。デザイン事務所である程度のキャリアやスキルを手に入れた後はいよいよフリーランスとして活動することになります。

成功を収めるためには上手な営業

企業に所属せずに活動する場合、仕事はすべて自分で探さなければなりません。そのため、トーク力やプレゼンテーション力が必要となってきます。この二つの力が揃っていれば、自ら積極的に動くことである程度の仕事を手に入れることが出来ます。仕事を手に入れた後はリピーターの獲得です。リピーターを獲得すればフリーランスでもある程度の安定した収入が手に入ります。時にはリピーターからの紹介等で更に魅力的な案件が舞い込んでくる可能性もあり、そういった案件をこなしていくことで、やがては大きな成功へとつなげていくことが出来ます。

まとめ

空間デザイナーの待遇は決して恵まれたものではありません。だからこそ、理想の待遇を手に入れたいと考えた場合は自らが動かなければなりません。フリーランスとして成功を収めれば、そんな理想の待遇を手に入れることが出来ます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

空間デザインのセンスやスキルは資格講座で身につける
空間デザイナーで有名になることを目指すには
空間デザイナーの求人はどのように探すのか
空間デザイナーの仕事の年収はどの程度か
空間デザイナーの給料はどの程度か
空間デザイナーはスキルアップのために転職が必要
空間デザイナーとしての勉強を独学で行う
空間デザイナーとインテリアデザイナーの違いとは
空間デザイナーはやりがいがある
空間デザイナーにはセンスが必要です
空間デザイナーは内装を綺麗にする専門家です
空間デザイナーに向いてる人ってどんな人だろう
空間デザイナー講座の受講を考える方へ
空間デザイナーに必要な能力とは
空間デザインはコンセプトが重要になるとは
内装資格を取得する際の難易度はどの程度か
空間デザイナー講座のテキスト内容について
空間デザイナーの取得費用について
カッコいい憧れの職業として空間デザイナーという仕事が今はけっこう輝いている
空間デザイナーは未経験でも就業できます
空間デザイナーは将来性のある仕事です
空間デザイナーに女性が活躍する
空間デザイナーとしてキャリアアップを検討する
空間デザインは歴史のある造形法です
空間デザイナーはかっこいい空間をデザインします
空間デザイナーの仕事はどういうものか
空間デザイナーは大手にも就業可能です