空間デザイナーに女性が活躍する

空間デザイナーに女性が活躍する

建築家やデザイナーはまだ男性のほうが多く活躍されているようですが、近年女性の活躍も増えているようです。やはり主婦や育児をされている目線を知ることができるのは強みになるでしょう。女性らしい快適な空間づくり紹介します。

流行りのDIYをもっと大きな要望へ

近年、DIYで自分の好きな空間を作り出すことが流行っています。特に100円ショップで販売されているリメイクシートとホームセンターで千円ほどで購入できるカラーボックスを使った勉強机や、すのこを使った隙間収納などは女性でも簡単に作ることができるようです。リビングや屋内だけでなくガーデニング棚を作る方もいるそうです。ペンキを塗ったり組み立てたり子供と一緒に作るのも楽しいかもしれません。DIYでは自分の空間を安価な材料で作り出す作業ですが、空間デザイナーはいろんな家庭の要望を実現させる職業といえるでしょう。

男性だけでは気づかない点もある

記事のイメージ画像

最近は独身男性の方でも部屋はいつでも綺麗にしているとか、クローゼットのハンガーは統一させているとか整理整頓が上手な方が増えているそうです。それとは逆に家事が苦手な女性もいるようです。ただ、結婚して子供が生まれると苦手でもこなさなければなりません。初めての育児であたふたすることもあるでしょう。物やおもちゃが増えて収納に悩む方もいます。空間デザイナーは男性の方がまだ多く活躍されていますが、やはり家事の動線、育児の目線などを考えた場合は主婦目線で考えることができる女性のほうがアイデアが生まれやすいでしょう。

資格取得とほかの職種の併用を考える

空間デザイナーの仕事は公園の空間、レストランの空間、住宅の空間のデザインを考えるということです。そのためには建築系や舞台美術系などの大学や専門学校で勉強する必要があるようです。卒業後にはすぐに独立するのではなくデザイン事務所に就職して経験を養うことデザイン事務所に就職して経験を養うことが大切です。収入の相場は新卒では20万円ほど、あとは経験や会社の体系にもよるでしょうけど300万円から700万円ほどの幅があります。また建築士やインテリアコーディネーターの仕事を併用することで収入はアップします。顧客に対しては注文住宅の建築時には、建築素材や間取りからアドバイスができるようになります。

まとめ

今はまだ男性社会の空間デザイナー業界かもしれませんが、だからこそ女性ならではの目線で安らぎや家事が楽になるような、収納豊富なアイデアのある空間をデザインして、もっと活躍の場を広げられるチャンスでしょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

空間デザインのセンスやスキルは資格講座で身につける
空間デザイナーで有名になることを目指すには
空間デザイナーの求人はどのように探すのか
空間デザイナーの仕事の年収はどの程度か
空間デザイナーの給料はどの程度か
空間デザイナーはスキルアップのために転職が必要
空間デザイナーとしての勉強を独学で行う
空間デザイナーとインテリアデザイナーの違いとは
空間デザイナーはやりがいがある
空間デザイナーにはセンスが必要です
空間デザイナーは内装を綺麗にする専門家です
空間デザイナーに向いてる人ってどんな人だろう
空間デザイナー講座の受講を考える方へ
空間デザイナーに必要な能力とは
空間デザインはコンセプトが重要になるとは
内装資格を取得する際の難易度はどの程度か
空間デザイナー講座のテキスト内容について
空間デザイナーの取得費用について
カッコいい憧れの職業として空間デザイナーという仕事が今はけっこう輝いている
空間デザイナーは未経験でも就業できます
空間デザイナーは将来性のある仕事です
空間デザイナーとしてキャリアアップを検討する
空間デザインは歴史のある造形法です
空間デザイナーはかっこいい空間をデザインします
フリーランスの空間デザイナーとして働く
空間デザイナーの仕事はどういうものか
空間デザイナーは大手にも就業可能です