カッコいい憧れの職業として空間デザイナーという仕事が今はけっこう輝いている

カッコいい憧れの職業として空間デザイナーという仕事が今はけっこう輝いている

デザイナーという仕事に憧れる方は多いです。確かにこの職業はカッコいいし、何かを創造するという、誰もが未知な世界を創り上げるという果てしない魅力があるのもです。現代では空間デザイナーという仕事もかなり注目されています。

憧れのデザイナーでも空間デザイナーの仕事は違う

デザイナーという職種にはいろいろと種類があり、現代では職業を人に紹介するとき、単にデザイナーです、だけでは伝わりにくいということがあります。デザイナーと言っても、ファッションデザイナーなのか、グラフィックデザイナーなのか、はたまたインテリアデザイナーなのか、判断に迷ってしまうこともありますから。これら多くのデザイナーの中に、空間デザイナーという職種があります。読んで字の如く、これは空間をデザインするということは分かりますが、実際にはどんな仕事をしているのでしょうか。空間をデザインするというのは、いわゆるインテリアデザイナーとはどこが違うのでしょうか。いろいろと疑問も出てくるところです。

空間デザイナーになるために必要なスキルとは

世の中で活躍されている空間デザイナーの仕事とは、簡単に言えばそこら中にある公共施設や商業施設の空間をデザインするというカッコいい仕事です。ただデザインするという簡単な言葉で片づけてしまうと分かりにくいですが、ようするにその空間をより快適なものにするということ、これが主な仕事になります。そして、彼らが活躍するのは何も公共施設や商業施設だけではなく、一般住宅などを手掛ける事もあります。言ってみれば、室内の内装外装に関わらず、広く空間を手掛けるということです。インテリアデザイナーとは違うと言いましたが、この空間デザイナーになるためには、当然のこと、インテリアにも通じていなければなりません。

発想力がものをいう空間デザインの仕事というもの

記事のイメージ画像

このカッコいい空間デザイナーになりたいと思ったとき、その方法はと言いますと、やはり専門の教育機関で勉強することがその近道となるでしょう。インテリアや素材の勉強を始め、建築、色彩学などの知識も必要になります。しかもそれらのスキルに加え、設計や製図などを行う専門技術も必要になるわけです。ですから憧れの空間デザイナーとして会社に就職する場合には、国家資格の建築士免許の他、商業施設士、カラーコーディネート、インテリア関連の資格などを取得していると比較的に有利になるのではないでしょうか。そして、一番肝心なのは、空間をデザインするアイデアや発想力です。発想力の豊かな人、この業界ではこういう方が望まれます。

まとめ

空間の創造を主な仕事にする空間デザイナーという職業は、単にインテリアを創り出すということに留まらず、その空間をより快適にすること、これが求められることから、単なるインテリアデザイナーとは一線を画します。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

空間デザインのセンスやスキルは資格講座で身につける
空間デザイナーで有名になることを目指すには
空間デザイナーの求人はどのように探すのか
空間デザイナーの仕事の年収はどの程度か
空間デザイナーの給料はどの程度か
空間デザイナーはスキルアップのために転職が必要
空間デザイナーとしての勉強を独学で行う
空間デザイナーとインテリアデザイナーの違いとは
空間デザイナーはやりがいがある
空間デザイナーにはセンスが必要です
空間デザイナーは内装を綺麗にする専門家です
空間デザイナーに向いてる人ってどんな人だろう
空間デザイナー講座の受講を考える方へ
空間デザイナーに必要な能力とは
空間デザインはコンセプトが重要になるとは
内装資格を取得する際の難易度はどの程度か
空間デザイナー講座のテキスト内容について
空間デザイナーの取得費用について
空間デザイナーは未経験でも就業できます
空間デザイナーは将来性のある仕事です
空間デザイナーに女性が活躍する
空間デザイナーとしてキャリアアップを検討する
空間デザインは歴史のある造形法です
空間デザイナーはかっこいい空間をデザインします
フリーランスの空間デザイナーとして働く
空間デザイナーの仕事はどういうものか
空間デザイナーは大手にも就業可能です