空間デザインのセンスやスキルは資格講座で身につける

空間デザインのセンスやスキルは資格講座で身につける

お店やオフィスにおいて、空間の雰囲気やデザインはとても重要です。空間が明るければ、職場も明るくなり、色彩や証明、配置などを丁度いいものにすることで、売上の上昇にも繋がります。そしてこういうことに気を配るのも社員の仕事です。

空間デザインの具体的な効果と必要性

空間には、照明、色彩、配置、演出の四つの要素があります。照明とは、空間に照らす明かりの明るさや色です。色彩は、壁紙や棚、明かりなどの色です。配置は、品物や棚、小物、観葉植物などの場所です。演出は、これらをまとめて一つの雰囲気に仕立て上げることです。これらは、空間の雰囲気を大きく変えます。例えば壁紙を白から薄いオレンジにするだけで、その空間には暖かく明るい雰囲気が出ます。このように、空間デザインは仕事効率や売上にも影響する大事なことです。そしてこの空間デザインのセンスやスキルは磨くことができます。

資格の勉強をすることで身につく

空間デザインのセンスやスキルは、勉強や経験をしなければ上がることはありません。しかし、こうした専門的なことに対してどのような勉強をすればいいのか分からないということもあります。そこで一つの指針となるのが、資格を取れる程度の知識を身につけることになります。少なくとも資格が取れるなら、その勉強方法は間違っておらず、またセンスやスキルが認められたということになります。資格を取るための勉強は、参考書で独学するのも大事ですが、一番いいのは通信講座による学習です。通信講座なら、資格に必要なことを網羅し、深い学習に繋がります。

空間デザインの資格とその通信講座

空間デザインにおいての資格は、空間ディスプレイデザイナーの2級と1級です。そしてそのための通信講座は二種類あり、一種類目は検定受験料が10%割り引かれるという特典のついた通常の講座、二種類目は検定試験免除で資格が得られるスペシャル講座となっています。どちらも内容は同じで、ディスプレイ方法、色彩、照明、売り場演出のことを講座4回に渡って学習した後、試験対策の添削課題をすべて提出すると卒業となります。しかしここで、スペシャル講座の場合は、通常講座より高いですが、卒業課題を提出することで、試験を受けずに空間ディスプレイデザイナーの資格が得られます。

まとめ

空間ディスプレイデザイナーの資格は、履歴書にも書くことの出来る資格です。そして、売り場だけでなく仕事場や家においてもそこで培ったセンスやスキルが生かされます。そしてこの資格への近道の一つが通信講座です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

空間デザイナーで有名になることを目指すには
空間デザイナーの求人はどのように探すのか
空間デザイナーの仕事の年収はどの程度か
空間デザイナーの給料はどの程度か
空間デザイナーはスキルアップのために転職が必要
空間デザイナーとしての勉強を独学で行う
空間デザイナーとインテリアデザイナーの違いとは
空間デザイナーはやりがいがある
空間デザイナーにはセンスが必要です
空間デザイナーは内装を綺麗にする専門家です
空間デザイナーに向いてる人ってどんな人だろう
空間デザイナー講座の受講を考える方へ
空間デザイナーに必要な能力とは
空間デザインはコンセプトが重要になるとは
内装資格を取得する際の難易度はどの程度か
空間デザイナー講座のテキスト内容について
空間デザイナーの取得費用について
カッコいい憧れの職業として空間デザイナーという仕事が今はけっこう輝いている
空間デザイナーは未経験でも就業できます
空間デザイナーは将来性のある仕事です
空間デザイナーに女性が活躍する
空間デザイナーとしてキャリアアップを検討する
空間デザインは歴史のある造形法です
空間デザイナーはかっこいい空間をデザインします
フリーランスの空間デザイナーとして働く
空間デザイナーの仕事はどういうものか
空間デザイナーは大手にも就業可能です