空間資格おすすめ情報比較サイト

快適な空間を演出する空間デザイサーになるには?

空間デザイナーの仕事は実に幅広いのが特徴

空間デザイナーは活躍できる場面が多い仕事です。その仕事振りは美術館、公共スペースなどで拝見することができます。

 

空間デザイナーになるのに必要な資格などはない

空間デザイナーは誰でもなることができます。空間デザイナーになるにはしっかりとした学習も求められてきます。

 

空間デザイナーは独立開業しやすい

空間デザイナーの利点の一つが独立開業のしやすさです。実績ができれば高収入も狙いやすくなります。

 

比較ページへのリンク画像!!

空間デザイナーという職業を知っていますか?空間デザイナーはスペースデザイナーと呼ばれることもありますが、自分のセンスを活かして住環境などを演出するのが仕事です。また、公共スペースの空間デザインも行っていますから、色々な場面で知らず知らずの内に空間デザイナーの仕事に触れているという人は多いはずです。

 

空間デザイナーはその仕事内容も実に様々です。美術館やホテルのロビーなどの空間を演出することもあります。実際の依頼はイベントブースの空間演出などが多くなっていることもポイントでしょう。実際に空間デザインをする際には依頼主からイメージをインタビューした後、コンセプト案などを3Dソフトで作成し、必要資材などの手配の後に、実際に人を使って空間デザインを行っていくこととなります。

 

空間デザイナーは働きぶりによって収入の差も大きい職業です。人気の空間デザイナーともなれば仕事も向こうからやってきますし、年収も簡単に1000万円以上を超すことも珍しくありません。また、独立開業がしやすい職業であるところも魅力的。実績ができれば事務所や会社などで働くよりも大幅に給料アップが狙えるようになってきます。

 

このように魅力的な空間デザイナーの仕事ですが、実際に空間デザイナーになることはそこまで難しくありません。空間デザイナーになるには特別な資格なども必要ないためですが、逆に空間デザイナーになりたい場合には「何から始めて良いかわからない」といった状況になりがちでもあるのです。そんな空間デザイナーを目指す人に知ってもらいたい情報をこの記事ではまとめてありますから、参考にしてみてください。

空間デザイナーになるために知っておきたいこととは?

空間デザイナーになりたいならば資格取得もしておこう

資格があれば就職などにも役立ってきます。そのため、通信講座を選ぶ際にも資格取得可能なものを選ぶと良いでしょう。

 

通信講座を活かすコツも知っておこう

通信講座を最大限に活かすには講座内容をまとめる、通信講座仲間を募るといったことがおすすめです。

 

空間デザインの勉強は色々なところでできる

街に出れば空間デザインの教材に出会えます。こうした出会いも大切にしましょう。

 

空間デザイナー関連の資格について

空間資格おすすめ情報比較サイトのサムネ画像

最初に空間デザイナー関連の資格について理解しておきましょう。空間デザイナーは特別な資格が必要ありませんが、就職などのために最低限取っておきたい資格はいくつかあります。例えば、インテリアコーディネーターがその一つです。こちらは年1回しか試験が行われておらず、合格率も2割程度と難しい試験になっています。二次試験では論文及びプレゼンテーションも待っています。こちらのインテリアコーディネーターは是非とも取っておきたいものですが、少しハードルが高いのは確かです。

 

他に、内装資格として空間ディスプレイデザイナー認定試験もあります。こちらは在宅受験も可能かつ、偶数月に試験が開催されていることから、最初に取る資格としては打って付けです。難易度も低いだけでなく、調べながら試験に回答することもできます。他にも資格は幾つかありますが、通信講座を受講すればこうした資格が卒業時に取得できるものもあります。つまり空間資格取得のための勉強と空間デザイナーになるための勉強が一緒にできるわけです。こうしたこともあり、通信講座は空間デザイナーを目指している人には大変オススメできるものになっています。

 

空間デザイナーの通信講座は学習内容もしっかりしているところも魅力的です。空間デザインは実は難しい学問であり、それまで習ったことも少ないことから、独学しようとすると挫折してしまう人も多くなっています。そんな空間デザインも通信講座であれば無理なく学んでいけるような工夫がされていますから、勉強が余り得意ではない人にもおすすめできます。通信講座であれば時間を気にせずに勉強できることもあり、家事や仕事などとも両立しやすいといったことも見逃せないポイントでしょう。

 

こうした通信講座はおすすめできるものですが、もちろん受講料は無料ではありません。そのため、なるべく最大限に通信講座を活かしていくことが大事です。例えば、通信講座によっては質問が無制限にできるものもありますから、積極的に質問をしてギモンをなくしておくのも良いでしょう。他に、通信講座の教材内容をノートにまとめておくのもおすすめです。こうしたまとめノートがあれば実際に空間デザイナーのアシスタントになった際などにも直ぐに役立ってきます。通信講座仲間を募って交流を深めるのも良いでしょう。

 

他に、実際の建築や空間デザインから学ぶということもおろそかにしないようにしておきましょう。通信教育・講座では空間デザインの基礎理論や配色などについて一通り学べますが、センスを磨くためには有名な空間デザイン作品に触れてみることも大事です。とはいえ、そのために美術館などに行かないといけない訳ではありません。街にそれこそ幾らでも空間デザイナーの作品は見つけることができますから、少し気をつけるだけで空間デザインのセンスは磨くことが可能なのです。

 

通信講座を終えた後の行動も大事です。通信講座は知識を習得するのに役立ちますが、やはり実践の機会がないと知識も本当に身につきません。そのため、通信講座で学習した後は実際に空間デザインのオファーを受けてみたり、アシスタントとして空間デザイナーに弟子入りしてみるのも良いでしょう。最初の内は無償で仕事をして経験を積んでいくということも可能です。このように通信講座後の進路は人それぞれですが、他の仕事と同じように積極性が空間デザイナーとして成功するためには大事であることは知っておきましょう。

 

 

通信講座で学ぶ際にはセンスを磨くことも大事です。また、通信講座を更に活かすためにも、ここで紹介したようなコツも活用してみてください。
要点を紹介するキャラクター

 

資格が取れる通信講座をご紹介!

空間デザイン資格講座

空間デザイン資格講座の特徴

資格取得を目指しながら学びたいならば、こちらの講座を利用してみると良いでしょう。こちらの講座は空間ディスプレイデザイナー資格の1級、2級をカバーしており、実践的な知識が学べるとともに資格取得も目指せる内容になっています。

総合評価 評価5
使いやすさ 評価5
掲載情報量 評価4.5
空間デザイン資格講座の総評
  • 資格取得をしたい人にも向いている内容です
  • 応用的な内容も深く学んでいきます
  • 添削課題が用意されており、勉強しやすくなっています
詳細レビューへ空間デザイン資格講座

空間プロデュース資格取得講座

空間プロデュース資格取得講座の特徴

空間・スペースデザイナーとして第一歩を踏み出す人に試して欲しいのがこちらの講座です。こちらの講座を受講すれば資格取得も目指せるだけでなく、直ぐに役立つような配色・色彩の知識なども学んでいくことができます。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4
空間プロデュース資格取得講座の総評
  • 資格取得を目指せるのも魅力的な講座
  • 実生活に役立つ知識も色々と学んでいける
  • 初学者でも学びやすい教材なこともポイント
詳細レビューへ空間プロデュース資格取得講座

空間デザイン資格講座は空間デザイナーを目指す人向け

取り組みやすくコストもかからない
問題集や添削課題が充実
スペシャル講座受講で試験が免除

空間デザイナーになるには色々な道があり、悩んでしまう人もいるかもしれません。その中でもこちらの空間デザイン資格講座は取り組みやすくてコストもかかりにくいのがメリットです。こちらの講座は初心者向けに色々と工夫されていますから、それまでに空間デザインに触れてこなかった人でも問題なく学習を深めていくことが出来るようになっています。

 

特に問題集や添削課題が充実していることもポイントです。どうしても教材を読んでいるだけだと知識が定着しないものですが、コチラの講座は問題集が標準でついてきます。そのため、一生涯役立つような知識を身に付けることが可能です。他にも、添削課題も十分に用意されており、自分の知識を試すことができるようになっています。

 

通常、空間ディスプレイデザイナー資格は試験に合格しないと取得できません。しかし、コチラの講座ではスペシャル講座を受講することにより、試験免除で空間ディスプレイデザイナーが取得できます。こうしたこともあり、早めに資格取得を目指したい人には特におすすめできる内容になっています。紹介したような魅力点が多い本講座ですから、試してみるのも良いでしょう。

 

空間デザイン資格講座

 

クチコミ情報

自分の個性を十分に活かせる資格

建築に関心のある方であれば、空間デザイン資格講座を受けてみたいに方もいらっしゃいますね。空間デザインは、一つの空間に対して、どの様に設計など提案することが出来ますので、建築関係の仕事に携わりたい方には、空間デザイン資格講座を受けられて、資格取得をされることも方法の一つです。空間デザインに大切なのは、その方の創造力も重要ですが、お店であるならば動線も考えておくことが必要です。自分自身が実際にお客様の依頼を受け、空間デザインを考えることになった時、希望に沿ったデザインが完成出来れば、嬉しく思うはずです。ですので、この資格を持っている方によっては、個々に感性が異なるので違った設計が出来上がることが多いです。

 

空間デザインは、室内だけでなく屋外の空間や敷地に対し、どんな感じにするのか大まかなデザインを描き、意匠設計を行って実際に施工を行うことになります。平面で描かれたものを立体的にすることが、空間デザインの資格をお持ちの方が行う役割でもあります。そうすることによって、依頼者が頭で想像しやすくなりますので、何も描かれてない紙から、徐々に立体的に仕上がっていく所が面白さです。空間デザインの講座では、デザインから意匠設計、コミュニケーション能力など、実践で役立つような知識を勉強することが出来ます。

 

デザイン設計の仕事に慣れてくると、自分が設計したお店に多くのお客様がいらっしゃいますと、どんどん依頼が入ってくることもあり、同じ空間をデザインすることは一つもないので、固定観念を捨てて色々な空間のデザインを考えることが出来ることが、資格を取得して良かった点ですね。依頼者が希望する条件には、売上アップに繋がるようにしなければならないことが多いので、責任感を感じられますが、業務に集中することが出来ます。空間デザイン資格講座は、店舗や住宅などの空間に、個性を十分に引き出すことが出来る、将来的にも有望な資格です。

 

空間デザインの知識を得る為に通信講座を受講しました

何気ない部屋でも、室内配置であったり、装飾など見た目でおしゃれと感じてしまう場合があります。そんな空間デザインに憧れて、将来的に空間デザイナーとして活躍をしたいと思う様になりました。そこで自宅で学習する事が出来る空間デザイン資格講座を見つけて受講する事にしました。空間デザイン資格講座では、空間をいかにおしゃれに演出する事が出来るのか、陳列の方法や配色の方法などしっかりと学ぶ事が出来ます。実は陳列や配色の方法は簡単な様で大変奥が深く難しい物になっています。配色や陳列の仕方次第でお部屋の雰囲気ががらりと変わってしまうので、それを学ぶ事が出来とても良かったです。

 

また、照明の使い方やディスプレイの方法など、実践で役立つ知識もしっかりと得る事が出来ました。なかなか自分で勉強をしても難しい部分ではありますが、カリキュラムに沿って勉強する事で、きちんと身につける事が出来ました。また、何より隙間時間を有効活用する事が出来ると言う事が大変魅力的でした。たったの数十分程度毎日勉強すれば、試験対策がしっかり出来てしまうので、忙しい人でも安心して受講する事が出来ると感じました。

 

1日のうちの30分程度飽き時間があれば資格を取得出来てしまうのですごく良かったです。なかなか集中力が続かない性格なので、毎日何時間も勉強をするとなると厳しいなと思っていたのですが、空間デザイン資格講座では短時間の勉強でも資格を取得する事が出来てすごく良かったです。また、今日は勉強お休みと言う日を作っても、別日にその分カバーすれば良いですし、時間の融通が効くと言う事がすごく良いと思いました。無理なく勉強を進める事が出来、しっかり空間デザインについての知識をマスターする事が出来たので、利用する価値ある講座だと思いました。今回取得した資格を活かし、今後は転職活動に力を入れていきたいです。

 

比較ページへのリンク画像